夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【モラハラ男の人格否定】モラハラが日常の中で行なわれる理由4つ

time 2017/12/11

モラハラ

モラ男は、
日常会話の中でサラリと
こちらの人格を否定してきます。

気付けば人格否定が日常になり、
被害者として洗脳されてしまうと、
違和感すら覚えなくなってしまいます。

sponsored link

モラハラは叱責ではない

日常会話の中で、
というところがポイント。

「しっかりと腰を据えてお説教」
ではありません。

そういう、
「相手の今後のためを考えた叱責」
とはワケが違います。

相手が無意識に、
自分の自己肯定感を
ドンドン下げてしまうように
毎日少しずつ刷り込みをされます。

毎日の食事に、
「自己肯定感を下げる薬」を
こっそり混入されるような感じです。

ただし自己愛性人格障害本人も無自覚

とはいっても、
この「自己肯定感低下薬混入事件」は、
犯人であるモラ夫本人も、無自覚です。

本人は、普通に会話しているだけ。

会話を生み出す脳が、
そのような作りになってしまっているのです。

「日常会話がモラハラ」の具体例

我が家の場合は、こんな具合でした。

私:あーまた失敗しちゃった

夫:ハハハ!お前はほんとにダメ人間だな

私:そうだよね~…

私:今日の集まり疲れた~

夫:人の集まりが無理なんて、社会不適合者じゃん

私:そ、そうだよね~…

(この流れでお分かりかと思いますが、
夫のモラハラ発言が、
私のネガティブ発言によって
引き起こされているのがお分かりでしょうか。

モラハラ被害者とモラハラ発生の関係については
こちらもお読みください。)

▼ ▼ ▼

モラハラが日常会話である必要性

むかし、夫婦の会話は、
常にこんな調子でした。

私の記憶では、
きっちりと面と向かって
叱られたことや、
怒られたことは一切ありません。

夫のモラハラは、
さきほどの例のように、
日常会話の中に溶け込んでいるのです。

これにはいくつかの理由があると
私は考えています。

モラハラ会話が日常に溶け込んで存在する理由①:責任逃れのため

たとえば、
「ちょっと話がある」
「そこに座りなさい」と言って正座させられ、
懇々と叱られたとします。

この場合、
能動的に働きかけたのは、
叱った方ですね。

モラ夫(自己愛性人格障害)は、
こういった、
積極的な他人へのアクションは
起こしません。

理由は二つ。

一つ目は、
アクションを起こしたという
責任を取りたくないから。

「自分が悪い」という結論を、
自己愛は最も嫌います。

モラハラ会話が日常に溶け込んで存在する理由②:他人に興味がないため

そして、
他人にきちんとした叱責をしない
もう一つの理由は、

他人に興味がないから。

叱るということは、
相手を思ってこその行為。

強気な発言ばかりで、
叱責とは縁が深そうな自己愛ですが、
実は一番遠いところにいるのです。

モラハラ会話が日常に溶け込んで存在する理由③:反論されたときの逃げ道確保のため(あわよくば責任転嫁するため)

仮に、会話の中で人格否定をされ、
こちらが反論したとします。

「そんなことない!」

「なんてひどいこというの!」

正当な反応なのですが、
モラ夫はここでこう切り返してきます。

「は?ちょっとした冗談じゃん」

「お前はいちいち過敏に反応しすぎ」

「被害妄想だ。被害者はこっちだ」

「お前が悪い」

日常会話の中でいうことによって、
「冗談だ」
「ちょっとした言葉のアヤ」
逃げ道を作ることが出来るのです。

最終的には、逃げ道を作るどころか、
「被害妄想でいちいち突っかかってくる
お前が悪い」

「頭おかしい」

と、こちらに責任転嫁し、
さらなる人格否定を始めます。

モラハラ会話が日常に溶け込んで存在する理由④:無意識に洗脳するため

毎日毎日、
このような会話を繰り返していると、
被害者側はそれを
当然のように感じ始めます。

「私がダメだからいけないんだ…」

「私には価値がない…」

そのうち、
モラハラ発言を受けていなくても、
勝手に自己肯定感を下げてしまう、
オート自己肯定感低下機能
働くようになってしまいます。

モラハラの負のスパイラル

こうなったら、モラ夫の思うツボ。

(もちろんモラ夫も無自覚ですが)

あとは、
すぐに自分を卑下する癖のついた妻の、
背中を押してやるだけ。

「そうだよ、その通り。お前が悪い」

こうして、
負のスパイラルが完成してしまいます。

このようなスパイラルを
作り出さないようにするには?

スパイラルから抜け出すためには?

▼つづきはこちら

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link