夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【夫は自己愛性人格障害】モラハラが治ってきた要因を考えてみた

time 2017/08/18

モラハラを考える

ほぼ収まりつつある、夫のモラハラ。

しかしモラハラの原因である、
自己愛性人格障害は一般的に、
・まず治らない
・認知療法を数年単位で行なう必要がある
と言われています。

いま現在の夫の様子では、
かなり改善されているようには見えるので、私の働きかけが効いたのかなとは思うのですが、
それに加えて、
いくつかの仮説を立てています。

sponsored link

①そもそもの症状が軽かった説

ステージ分けで言うと、
夫はかなり症状がひどかったですし、
(特に不倫発覚後)
受診した精神科では、
問答無用で離婚をオススメされた
ほどです。

でももしかしたら、
モラ夫界ではまだマシな方で、
それゆえに改善が早かった…という説。

②育児に参加したから説

カウンセラーさんに、
こう言われたことがあります。

「お子さんが小さくてよかった。

育児に参加することは、
かなりいい訓練になります」

元々は育児参加はほぼゼロでしたが、
すこし改善したところで、
育児参加をする。

もっと良くなって、
更に育児参加をする。

というポジティブなスパイラルに
ハマッた説。

これはほぼ正解だと思っています。

③読書の影響説

幸いにも、夫は読書家です。

元々自己啓発本はよく読んでいましたが、
(主に経営やビジネスがらみ)
不倫発覚に伴って、
いつもとは違ったタイプの本を
少し読んでいました。

たとえばこれ。

どちらかと言えば、
モラハラ被害者向けなのですが、
モラ夫にもグサッとくることが
結構書かれています。

―経済的に優位かどうかは、 人間の価値には全く関係ない。 会社員も専業主婦も、 同じではないが対等である…(『嫌われる勇気』より引用)

なんと有り難いお言葉でしょうか。

他人の言うことはほとんど聞きませんが、
本の知識(=一定レベルの権威がある)
なら、受け入れるハードルも
低かったのかもしれません。

④不倫発覚が何らかの影響を与えた説

不倫相手と別れることになって、
大荒れした夫ですが、
それによって何らかの影響が出た説。

当時は色々とカオスすぎて、
何がどういう効果をもたらしたのかは、
まだ全く分かりませんが…。

不倫相手に、「モラハラじゃないの?」
と言われたことは、
かなりのきっかけになったとは思います。

これらの仮説と、
私の働きかけが複合的に影響して、
いまの状況が生み出されたのではないかと
思っています。

あと考えられるのは、

⑤治ってるように見せてるだけで、実はわたしが手の平で転がされてる説

(((( ;゚д゚)))

>>モラハラ対処法まとめへ

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link

コメントを残す