夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【ママ歴7年目】「厳しく育てる→いい子になる」は絶対違うと思う。

time 2018/12/04

今日は夫から少し離れて、
子供たちの話を。

先日、ママ友に会って
こう言われました。

「仁菜子ちゃんのとこの子は
本当に育ちがいいって、
みんな言ってるよ」

「やさしくて真面目だし、
ちゃんと話きくし」

「仁菜子ちゃんはさ、
ゆるふわ~な感じだからさ、
旦那さんが厳しく躾してるのかね~
って話してたんだ」

ちょちょちょちょ!!

ちょっと待ってくれ。

sponsored link

確かにうちの子はいい子だ(親バカ)

確かにいい子です。

荷物をもった友達を見れば
サッと持ってあげるし、
些細なことでも、目を見て
「ありがとう!」と言ってくれます。

笑顔で伸び伸び遊ぶし、
嬉しかったことも、
悲しかったことも、
いっぱい報告してくれます。

女の子からのラブレターも
しょっちゅうもらってくるし、
年少から毎年バレンタインチョコを
欠かさずもらってきます。

でも私は、
厳しく育てたわけではないです。

ママ友から、
「仁菜子ちゃんは溺愛型だよね~」
と言われるほどです。
(ちょっと呆れ気味に言われる(笑))

そして夫は子育てに参加しませんでした。
(今は参加してくれますが、
0~4歳ごろまではロクに関わってません)

だから、
「旦那さんが厳しく育てたから
いい子なのかね」
っていうのは、
ありとあらゆる方面で違う。

そもそも「いい子」とは何ぞや

往々にして思うのは、
「いい子=聞き分けのいい子」
と捉えられてるな、ということ。

そしてたしかに、
そういう見方をしたとしても、
うちの子はいい子です。

「そろそろ帰るよ~」といえば、
だいたい「はーい!」と
元気いっぱい寄ってくるし、
「もうちょっと遊びたい!」
「じゃああと5分ね!」
と約束すれば、
ちゃんと守ります。

その姿を見て、
いろんなママさんからこう言われます。

「聞き分けが良くていい子ねー!
うちは全然いうことを聞かなくて…。
躾がちゃんとしてるのね」

だから躾じゃないんですよ!

躾なんてしてないんです!

あなたは子供の話を聞いていたのか

聞き分けがいいってのは、
要するに、
「相手の話をきちんと聞き、
理解したうえで、
行動に移す」
ってことですよね。

それを子供に要求している、と。

じゃああなた方は、
逆に子供に対して、
それをしてあげていましたか?
っていう話。

ココがポイントだと思うんです。

子供に対して、してあげてないことを、
子供には
「やれ!」「やらないなら悪い子!」
と言っていたとしたら?

子供からしたら、
理不尽極まりないのではないでしょうか。

とにかく子供のこだわりを聞き続けたイヤイヤ期時代

うちの子はとにかく、
イヤイヤ期がものすごく激しかったのです。

私の座る位置、テレビの音量、
コップの種類、コップの柄、
牛乳の量、コップを置く位置、
靴は自分で履くのか、どっちの足から履くのか、玄関ドアは誰が開けるのか、車に乗る順番、どのドアから乗るのか、誰が開けるのか、誰がチャイルドシートを締めるのか……

書き出したら本当にキリがありませんが、
一日中、小さなことにものすごくこだわりがありました。
(少しでも違ったことをすれば大泣き&なだめてからはじめからやり直し)

私はイヤイヤ期が落ち着くまでの1年弱、

・他人(私は除く(笑))に迷惑のかからないこと
・危険でないこと
であれば、徹底的に付き合い続けました。

気付けば、
4歳を過ぎたあたりから、
すごく素直で、
話せば分かってくれる、
優しい子になっていました。

厳しい躾は逆効果なのでは

あくまで私個人の見解ですし、
子どもそれぞれに
生まれ持った個性があるので、
どのご家庭にも当てはまる話では
ないと思います。

ただ、
我が家に限っては、
違ったよ、と。

厳しくしたからって
いい子になるわけじゃない。

むしろ逆効果になって、
親はさらに厳しくする。

そういう例もよく見かけます。

まずは子供の立場に立ってみて、

(どうしたいのかな?)

(どんな気持ちなのかな?)

と考えてみることが大事なのでは
ないでしょうか。

(モラハラ夫の相手や観察を
辛抱強くしているうちに、
こんなことも身に付くようになりました(笑))

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link