夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【モラハラ夫の浮気】⑦不倫示談契約の注意点

time 2017/03/11

【モラハラ夫の浮気】⑦不倫示談契約の注意点

◎前回までの話はこちら

①妻、出産 → 夫、不倫
②モラ夫、不倫を始める
③不倫相手のカラダ。その意味。
④不倫相手を手放さないために

⑤不倫の示談契約の準備をせよ  
⑥不倫の慰謝料額


示談契約書作成のために、
弁護士事務所に行ったときのことです。

「相手の名前は?」
「慰謝料額は?」
「違約金はいくらに設定しますか?」
と色々聞かれたなかで、

「相手の住所は?」
とも聞かれました。

私「住所・・・?」

sponsored link

不倫相手の住所は絶対おさえておきたい

不倫相手の電話番号も知っているし、
夫とも連絡取り合ってるし、
そもそも夫と同じ会社だし、
と油断して、

住所なんて全く気にしていませんでした。

相手の住所を知らないことを告げると、

「逃げられますよ?」

と怒られてしまいました。

携帯番号も、メアドも、ラインも、
会社も、
賃貸の住所でさえも、
いくらでも変えられて逃げられてしまう。

「すぐに実家の住所をきいてください。」
と促され、
慌てて相手方に問い合わせました。

不倫相手の住所を知ってからの交渉も重要

実家の住所は、
割とすんなり教えてもらえました。

ただし、
「親に知られると困るので、
郵送等はやめてもらえますか」
と一言付け加えられました。

今思えば、

「必要が生じれば、
郵送も内容証明も行なうつもりです。
これは私の権利です。」

とビシッと言うべきだったのです。

しかし当時の私は
住所が分かったことにホッとしていて、

「分かりました。
あくまで手続きに必要なだけですので
ご安心ください。」

とバカ丁寧に応対していました。

示談契約を控えているというのに、
ナメられまくったでしょう・・・。

夫だけでなく、
不倫相手にすら甘かった私。

「このときから、
もっと毅然と対応しておけば…」と、
のちのち後悔することになります。

▼続きはこちら

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link

コメントを残す