夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【モラハラ夫の浮気 夫の行方不明】3-④義祖母からの謝罪

time 2017/05/10

謝罪

◎第1章、第2章はこちら
第1章 不倫発覚 
第2章 荒れる夫

◎前回までのお話しはこちら

第3章 再びの不倫
①夫、失踪
②飽和する、夫への怒り

③祖母からの決定的な一言

不倫相手と別れたものの、
一週間もたたず、出ていった夫。

そのまま連絡のつかない夫。

「会社の人に会いに行った」という、
祖母からの情報。

答えは一つでした。

 

(離婚だ)

はっきりそう思いました。

怒りとか、 我慢の限界とかではなく、
(私の努力の範疇を超えてるわ…)
と、はっきり悟りました。

もう、私が頑張って
どうこうなる問題じゃないわ、
これは。

sponsored link

義祖母のあたたかさ

妙に冷静になりつつ、
それでもやはり衝撃は強くて、
グズグズ泣く私の声をきいて、
夫の祖母は一発で状況を悟りました。

「女かい?」

下町育ちらしい、
ちゃきちゃきとした聞き方でした。

「はい・・・」

私の返事をきいて、
祖母はため息をつきました。

「私が甘やかして
育てちゃったせいだね」

「ごめんね」

義祖母に育てられてきた夫

夫は幼少期、
祖母と共にいることが多かったそうです。

義母は、
働いてもいないのに夫を保育園に預け、
日中フラフラしているような状態。

祖母は、夫にとって母親同然でした。

だからこそ、
この状況で祖母は、
まるで我が子の失態を詫びるように、
私に話してくれたのです。

▼続きはこちら
⑤夫、再びの不倫

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link

コメントを残す