夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【モラハラ夫の浮気 極まる夫のクズっぷり】⑩不倫相手に明かされなかった真実

time 2017/03/28

◎前回までの話はこちら

①妻、出産 → 夫、不倫
②モラ夫、不倫を始める
③不倫相手のカラダ。その意味。
④不倫相手を手放さないために

⑤不倫の示談契約の準備をせよ  
⑥不倫の慰謝料額
⑦不倫示談契約の注意点
⑧不倫の示談契約をしてきた
⑨不倫相手を打ちのめしてきた

夫の数々の嘘に気付き、
ショックを受けていた不倫相手。

でも、
私が彼女にお伝えしたのは、
実は氷山の一角でしかありません。

「全部伝えたら、
誰かの血が流れるかもしれない…。

と本気で思ったので、
全部は伝えませんでした。
(というか伝えられなかった)

 

sponsored link

不倫相手の視点

不倫相手さんは、

「私の大切な人でした」
「心の支えでした」
「お前といるときだけ安心すると言っていました」

「仕事もよくできて、尊敬していました」
「奥さんの話を聞くのは本当に辛かったです」

と切々と語っていました。

・・・。

まぁ、

それ、私(本妻)に言う?っていうツッコミは置いておきまして。

(やっぱちょっと
フシギちゃんでしたね(-ω-;))

 

私のカンですが、
きっと彼氏は別にいたと思います。

でも一方で、夫にも依存している。

そんなふうに感じました。

モラハラ夫の視点(閲覧注意)

夫婦で散々話し合いをする中で、
夫の不倫相手に対する供述を、
以下にまとめました。

※一部汚らわしい表現がありますが、
真実をお伝えするという目的に沿って、
そのまま掲載しています。
ご注意ください。

インタビュアー:妻(私)

(私:そんなに別れたくないのなら、不倫相手と結婚すればよいのでは?)

「結婚はしたくない」
「絶対続かない」
「実家暮らしで家事能力ゼロ女だぞ?無理無理!!」

(私:じゃあどういう位置づけでしたか?)

「セフレだよ」
「お前が9割満たしてくれて、
残りの1割を満たす用だよ

(私:…体の相性はどうでした?)

「初めてのとき、ぜんっぜん気持ちよくなくてびっくりしたわwww
「お前だとすぐだけど、でもあっちはめっちゃ時間かかった」

「俺すぐ終わるよって前置きしてたから、
めっちゃ気まずかったよね~(笑)」

(私:…じゃあなんで関係を続けたのでしょうか?)

「何でも言うこと聞くから」

(私:相手は気持ちよかったのでしょうか?)

「お前には気持ちよくしてあげようって
思うけど、

不倫相手にはもうめんどくさくておもちゃに頼ってたわ」

 

(私:その・・・おもちゃはどうしてた?)

「相手に持ち帰らせて、
使うときだけ
持ってきてもらってた」

「そういうときだけ、
デカいリュックしょって
会社きてたよ(笑)
ははは(笑)」

(私:セックス以外は楽しいの?)

「なんでもうんうんって聞いてくれるから、
キャバクラのような楽しさはあった」

(私:デートは?)

「一度しつこく言われて
花火大会に行ったけど、
ダルすぎて二度と行ってない」

「少しでも一緒にいたいって言って、
方向全然違うのに
ずっと電車もついてきたりしてて、
正直うざかった。
早く帰れよっていつも思ってた。」

「ていうか、
イった直後から、
『もう帰れよ』
って思ってた。」

 

(私:めんどくさかった・・・と。)

「だんだん、
誕生日もクリスマスも会えなくて辛いとか
騒ぐようになってさ。

はじめに俺、説明したんだよ。
家庭が最優先だけどそれでもいいの?って。
いいって言ってたのにさ。

あとからグチグチほんとめんどくさい」

 

不倫相手を不憫にすら思うモラハラ夫のクズっぷり

どんなに不倫相手が憎いとはいえ。

どんなにつらい思いを
味わわせられたとはいえ。

これ・・・

 

言えないよね
 

本当は全部言ってやりたかった。

あなたなんか、
この程度の扱いだったのよ!!って。

打ちのめしてやりたいと思いました。

でも自分が、
こんな言われようをしていると知ったら、
どう思うのか、
何をするのか、
見当がつきません。

夫は刺されるくらいで
ちょうどいいかもしれませんが、
自分や、何より子供たちに何かあったら。

そう考え、ぐっと思いとどまりました。
(口で説明するのも嫌だし)

(でもやっぱり、
このあとの展開を考えると、
全部言ってやってもよかったかなぁ
とも思います。)

▼続きはこちら

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link

コメントを残す