夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

モラハラ男とのバレンタインデーで気を付けるべきこととは

time 2018/02/20

愛情

バレンタイン、
皆さまいかがお過ごしだったでしょうか。

我が家はちょうど来客もあり、
息子たちへの分もあるので、
チョコレートクッキーを大量生産。

夫も含め、
みんなで美味しくいただきました。

sponsored link

それだけで終わるのはちょっと危険

モラ夫の場合、
これで終わりにするのは危険です。

愛に飢えた自己愛性人格障害は、
他人といっしょくたにされるのを、
最も嫌います。

特別扱いが好き、
特別扱いでないと嫌なのです。

うちの夫は
モラハラはなくなっているので、
これで機嫌を損ねたりはしないのですが、
やはりまだ、
愛情のスキマは残っています。

「あなたは特別だよ」

という意味を込めて、
別にもう一種類、
ケーキを焼いておきました。

バレンタインチョコに素直に喜んだ夫

子どもたちが寝静まってから、
キッチンでこそこそ盛り付けをして、
夫に提供。

夫は素直に驚き、
喜んでくれました。

ひねくれた発言もなく、
暴言もなく、
セックスもなく、

ただハグをして、
「ありがとう」と言ってくれました。

素直に愛情を受け取る。

セックス以外の愛情を感じ取ることが出来る。

夫の成長を感じます。

自己愛性人格障害者への「特別扱い」の難しさ

この「特別扱い」のさじ加減は、
とても難しいです。

やらないと機嫌を損ねるけど、
やりすぎると助長されて、
要求は天井知らずに伸びていき、
いつかこちらが潰れます。

しかし
「夫専用のチョコを作る」という行為は、
常識の範囲内であり、
やりすぎとまでは言えません。

何より、
「チョコを送る=好き」という、
分かりやすい共通観念があるため、

セックスでしか
愛を感じ取れないモラ夫でも、
割と愛を感じやすいのです。

モラ夫に、
セックス以外の愛を感じさせる入口
として、
利用してみるのもいいかもしれません。

お気に入りのレシピブログ

ちなみにレシピは、
料理研究家Mizukiさんのブログから。

写真がほんと可愛くてファンなのですが、
この方は摂食障害を克服された方です。

ちょっとした親近感もあり、
いつも覗いています。

夫専用に作ったのはこちらのレシピ

⇒♡超簡単生チョコケーキ

(超簡単かい!笑)

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link