夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【モラハラ被害者体質脱却のための】幸せのカケラを集めてみる

time 2018/10/04

sponsored link

モラハラ被害者体質が抱える「罪悪感」

モラハラ被害者体質の人は、

自己固定感が低い
=私に価値なんてない
=幸せになっちゃいけない

という考えが脳みそに染みついています。

だから「楽しむこと」が苦手で、
楽しんだとしても、
罪悪感が伴います。

そしてこの罪悪感は、
長くモラハラ影響下にいることで、
どんどん増えていきます。

そこから脱却するのは、
けっこう、ムズイ。
それは今でも毎日感じます。

自分は何で幸せを感じるのか。

私の場合、
幸せの要素ですごく強いのが
「食」です。

要は食いしん坊ってことです。
(よく言えばグルメ。)

だから私の課題は、
「いかに罪悪感を感じずに
美味しいものを堪能するか」
にあります。

美味しいものを食べることの罪悪感

美味しいものを食べたり、
外食をしていると、

・こんなに楽しんでいいのかな…

・外食費がかさむ…

・みんなが一生懸命働いてるのに、
のんびりご飯なんて許されないよね…

いちいちこんなこと考えちゃう。
我ながらめんどくさい。

とにかくその
「美味しさ」
「楽しい空間」
「楽しい時間」
に焦点をあてるように、日々訓練しています。

訓練の記録がコレだ!(=ほぼただの食い倒れ記)

↑オサレな雰囲気に緊張した(←笑)丸ビルのランチ

パテもきのこのスープもディップも
食べ放題のパンも美味しかった!
幸せ~。
このあとさらに、
ジョエルロブションのブーランジェリー、
ラ・ブティック・ドゥ・ジョエルロブションでケーキも食べて、
帝劇で観劇。

幸せ詰め込み過ぎて
罪悪感を感じる余裕すらなく、
次の日までぼんやりしてました。

(いっそ幸せ詰め込み過ぎると罪悪感すら通り越すという発見!)

 

 

↑地元で古民家を改装したカフェのケーキ。

スコーンも美味しかったです!
(ケーキだけじゃ終わらないのが私だ)

↑OL時代から大好きな
黒ごまバナナジュース。
(家でも再現してみたけど、
なんか違うんだよな~)

ネイルは、
ママ友にやってもらったお気に入り。

ネイルは日々目に入るので、
幸せを得やすいです。

↑夫(元・モラハラ男)と一緒にいった
星野珈琲。

この栗のパンケーキ、
最初はシングルでと思ってたのですが、
夫の
「せっかく来たんだからダブルにしなよ」
という有り難い後押しで
堂々のダブル!!

「え~❤食べきれるかな~❤」
とか言っといて
気づいたらお皿空っぽだった件。

↑そして今日はコレ!!!
大好きな漫画の新刊発売日。
もちろん美味しいお菓子と共に楽しむ。

 

最近なんとなくつかんだのは、
「こうやって楽しい時間から時間に、
ピョンピョンジャンブして
飛び移っていく感覚で
毎日暮らしたらいいんじゃないか?」
ということです。

すべての一瞬一瞬が幸せっていうのは
難しいですから、
「特段『幸せ~』というわけでもない時間」
は、「幸せ~」から「幸せ~」への
移動時間だと思うようにしています。

 

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link