夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

「夫のモラハラをやめさせた方法」

モラ男だった夫

このブログにあるとおり、
我が夫は、元々かなりのモラ男体質。

そんな中、
・私の出産
・夫の不倫発覚
を機に、モラハラはどんどん激化。

ついに夫は、2件の精神科で、
自己愛性人格障害と診断されました。

毎日、

・どちらかが死ぬまで耐え続けるか
・離婚して母子家庭になるか
・命を絶つか

この3つの選択肢を真剣に考える日々。
(気持ち的には、
ちょうど1:1:1くらいでした)

そんな中で、
自己愛性人格障害について
「幼少期の愛情不足が原因」
という結論に行きつき、

(その愛情不足を埋めれば、
治るのでは…?)

と思いつき、
自己愛の分析・防御法・治療法を
自力で研究してきました。

今回、それら全てをまとめ上げた
テキストを作成しました。

 

テキスト概要

モラハラが起きてしまう原因を、
行為ごとに明らかにし、
具体的な対策、またその結果
(夫がどのように変わっていったか)を、
4段階のステージ別に列挙しています。

具体的に私がどう出たか、
夫が何を言ったかを、
事細かに、
ときに恥を忍んで生々しく
お伝えしています。

 

タイトル

夫のモラハラをやめさせた方法

ページ数

113ページ
(スマホ版は文字が大きくなるため、ページ数が異なります)

形式・容量

PDF/1.2MB

目次

私が働きかけをはじめたきっかけ

モラハラの1つの原因と3つの影響

働きかけの準備

基本的なスタイル

ステージ分け

●ステージ4の働きかけ・その結果
例①車の運転時に悪態をついたら
・なぜ悪態をつくのか
・私が言ったこと
・言ってはいけないこと

●ステージ3の働きかけ・その結果

●ステージ2の働きかけ・その結果
例②弱さを包み込む
・お誘いを受けたら
・お給料が下がったら

●ステージ1の働きかけ・その結果

働きかけをはじめて1年。夫が言ったこと

同時進行で行なうべきこと

これからの課題

終わりに

 

【一部抜粋】

▼p10  モラハラの原因とその影響

 

▼p40 運転時の悪態を分析する

 

価格

6480円(税込)

<注意事項>

①これはあくまで、
「私が行なった働きかけをご紹介するテキスト」です。

「モラハラ・自己愛性人格障害が治る」ことをお約束するものではありません

②テキスト内にも記載していますが、夫の自己愛性人格障害はおそらく完治していません。
しかし実態として、
いま現在、私へのモラハラはありません。

「自己愛性人格障害を治した方法」ではなく、「モラハラをやめさせた方法」となっています。
(この2つがイコールでないことについては、テキスト内で記載しています)

③返金は受け付けておりません。
(どうしてもファイルが開けない場合はご連絡ください)

⑤当商品はPDFファイル(1.2MB)となります。事前に動作環境をご確認ください。
(スマートフォンでは表示されない場合もあるため、基本的にはパソコンでの閲覧を推奨します)

⑥無断での転載、販売を禁止します

特商法に基づく表記

※テキストには、
ブログではご紹介していない方法が
たくさんあります。

一方で、ブログでしか書いていないことも
ありますので、
ぜひブログと合わせて
ご覧いただくことをお勧めします。

 

夫のbefore→after

Before  -モラハラMAX-
「意気地なし」

「社会不適合者」

「お前はいるだけで金がかかる」

「俺と結婚できたことを感謝しろ」

After  -モラハラ消滅-
「人として、大切だと思っている」

「こんな俺と、
一緒にいてくれてありがとう」

「お前が幸せになれるようなことを
していきたい」

▼テキスト記載内容

【5カ月後】
「ごめんね」
【7カ月後】
「君の好きなタイミングで…」
【10カ月後】
「ずっと一緒にいよう」

ここまで変われました。
家事も育児も手伝ってくれます。

夫のモラハラ、不倫に追い詰められ、
毎日この世から消えてなくなりたいと
思っていた日々が終わり、
今は当たり前の日常を幸せに感じています。

この状態に至るまでの、
方法・しくみ・経緯を、
テキスト内で全てまとめています。

 

モラハラがストップしただけではない

私はとにかく、
自分へのモラハラをやめさせることを
主眼に据えていましたが、

気付けばモラハラがなくなっただけでなく、
自己愛性人格障害の症状を
抑えることが出来ています。

自己愛の大きな特徴である、
・誇大な自分像
・共感性のなさ

これらがかなり軽減されています。

 

カウンセリングは高い上に、行くこと自体が難易度MAX

モラハラをどうにかしようと思ったら、
正攻法はカウンセリングです。
しかしすんなりとは行ってくれません。

というかまず行きません。

仮に行ったとして、
もしくは妻だけで行ったとしても、
相場で初回1時間10,000円、
そしてそれを、1,2ヵ月ごとに、
数年かけて行なっていくわけです…。

私も3か所ほどを周りましたが、
時間的にも経済的にも
決して余裕があるとは言えず、
いつしか行かなくなってしまいました。

こちらの話を専門家に聞いてもらえる
というメリットは大きいですが、
2時間話しても、
具体的なアドバイスは数個。
続きはまた来月、となってしまいます。

このテキストでは、
私へのモラハラがなくなるまでの、
スタートからゴール、
1年間のすべてを詰め込んでいます。

図解もありますが、ほぼ文章です…汗
大変長いですが、気長にお読みください。

 

いただいたご感想(掲載許可済・一部抜粋)

・自分がこれまでしてきた反応が、ことごとくマイナスであったことに気付きました。焦りはありますが、少しずつ変えていきたいと思います。(I・Y様)
-私も以前はマイナスばかりでした…。急な変化は相手に感づかれるので、少しずつはまさにベストです!

・観察眼と忍耐力に舌を巻いた。
(H・J様)
-ありがとうございます。被害者体質特有の忍耐力をベクトルを変えて駆使しています。

・働きかけを実行してしばらくは反応がありませんでしたが、3日後に、「そばにいてくれてありがとう」と急に言われて驚きました。共感も少しずつするようになってきています。このまま続けていこうと思います。
 ー自分のことのように嬉しいです…!このままどんどんプラスに転じますように。

・テキストの事例は納得するのですが、テキストにはない事例の場合の対処法が思いつきません。
ー詳細をご連絡いただければ、出来うる限りお答えいたします。相手の個性も加味しつつ、対処法を考えましょう。

・診断は受けていませんが、夫がまさに自己愛性人格障害だと確信しました。何度も読み返し、頭に叩き込んで対処していきます。(I・M様)
  -自己愛性人格障害は驚くほど言動が似かよりますね。何かありましたらいつでもご連絡ください。

 

よくあるご質問

スマホでも見れますか?

Gmailでは、そのまま閲覧できることが確認できています。PDFを閲覧するアプリもあるようです。
そのままで縦読みすると少し文字が小さいので、スマホ用に少し文字の大きめのファイルを用意しました。お問い合わせの際に、「スマホ版の購入を希望する」にチェックをいれてください。

夫と共用のパソコンなのですが・・・

閲覧用のパスワードがかかっているので、パスワードを知らない方は開けないようにはなっています。ただタイトルが直球ですので(笑)、タイトル変更を希望する方はご連絡ください。ご希望のタイトルに変えてお送りいたします。

冊子販売はしていますか?

基本的にはデータのみとなります。

 

この働きかけの特徴

ここでご説明している働きかけは、
言ってしまえば、

最大級の愛を相手に与えるものです。

・モラ夫を倒す
・モラ夫とは別の世界で生きる
・モラハラを笑い飛ばす
といった、
敵意・無関心をもって臨むスタンスではありませんのでご了承ください。

 

ご購入方法

⑴下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
(ご質問・ご相談等も同時に受け付けています。)

⑵振込先情報を
メールでご連絡いたしますので、
お振込をお願い致します。
振込手数料はご負担ください。

⑶お振込が完了した旨・お振込み名義を、
メールにてご連絡ください。
こちらで照会いたします。
(振込先メール送信より10日以内にお支払いが確認できなかった場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。)

⑷お振込が確認できましたら、
メールにて、
・テキストデータの送付
・パスワードの送付
をさせていただきます。

 

ご購入・お問い合わせいただく場合の注意点
原則、24時間以内にご返信しております。
返信をご確認いただけない場合は、
お手数ですが、
・迷惑メールフォルダをご確認いただく
・一度問い合わせた旨を明記の上、
 再度お問い合わせいただく
・別のメールアドレスからお問い合わせいただく
等のご対応をお願いいたします。

 

お問い合わせフォーム

商品に関するご相談、
ご質問も受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

「夫のモラハラをやめさせた方法」(PC版)の購入を希望する
「夫のモラハラをやめさせた方法」(スマホ版)の購入を希望する
質問したい

 

▼働きかけ開始から1年

▼働きかけ開始から1年半

 



プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com