夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【モラハラ夫の浮気 不倫相手と示談契約したものの…】⑭違約金を渋る不倫相手

time 2017/08/02

不倫相手

◎第1章、第2章はこちら
第1章 不倫発
第2章 荒れる夫

◎前回までのお話しはこちら
第3章 再びの不倫

①夫、失踪
②飽和する、夫への怒り
③祖母からの決定的な一言
④義祖母からの謝罪
⑤夫、再びの不倫
⑥不倫夫に怒られる
⑦不倫相手からも見限られる夫
⑧不倫相手の本性
⑨不倫相手、痛恨のミス
⑩不倫相手にナメられまくる
⑪不倫相手を問い詰める
⑫不倫相手の反撃!
⑬不倫相手、夫にブチ切れ

~前回までのざっくりまとめ~

夫、不倫する

バレる

示談契約で二度としないことを誓う

また不倫する

また不倫したことを嫁(私)にあっさり話す

私が不倫相手を問い詰める(けどしらばっくれられる)

不倫相手から夫にブチ切れLINE

さあ違約金の
話をしよう
←いまココ

二度目の不倫を私に告白した夫に対し、

「喋ってんじゃねえ!」

とブチ切れLINEを連打する不倫相手。

罵詈雑言におろおろする夫を放置し、
私は不倫相手にLINEをしました。

私:ところで、違約金の件ですが。

不倫相手と交わした示談契約の違約金

不倫相手と示談契約を交わしたときに、
違約金を設定しました。

違約金ってのは、
「もうしませんって約束しましょうね。
もし破ったら罰金だよ」
ってことです。

あくまで再発防止の抑止力なわけですが、
まさかの本当に支払ってもらうことに
なってしまいました。
(ぜんぜん抑止できてねぇ…。)

「違約金」というワードを聞いた不倫相手の反応

違約金の話を出した途端、
しらばっくれたり、
夫にブチ切れしている態度とは打って変わり、
不倫相手は急にしおらしくなりました。

不倫相手:そうですよね…。
払わなければいけないことを
したのは分かっています。

すみませんでした。

不倫相手:払いたいのですが…

不倫相手:お金がありません。

 

(´・∀・`)ヘー?

不倫相手の言う「お金がなくて払えない」は本当か

実は、私はこのとき、
不倫相手の貯金額を知っていました。
(なぜ知っていたかは番外編で。)

示談契約書を作るにあたって、
「慰謝料」と「違約金」の二つを
設定するわけですが、
私は彼女の貯金額を知っていたので、
慰謝料と違約金の合計が、
ほぼ貯金額とイコールになるように設定していました。

つまり、いざとなれば、
即座にどちらとも
払える範囲内だったのです。

しかも夫はこの時点で、
私に黙って、
慰謝料の半額分を、
不倫相手に渡してるんです。

(めっちゃ減額したあと金額の半額ですよ…結果的に不倫相手の負担分は、相場の3分の1以下まで落ちました。

▼当時夫は、不倫相手に嫌われないように必死でした

つまり、
不倫相手は、
違約金を払える金銭的余裕が
確実にあるはずなのです。

それなのに、
「お金がありません」
って・・・・。

なんでそんなバレバレの嘘ばっかりつくの…。

おばちゃん悲しいよ…。

▼続きはこちら

▼【不倫番外編】
(なぜ私は不倫相手の貯金額を知っていたか)

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

コメントを残す