夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

⑧市役所のおばさんに懇々と叱られる

time 2017/10/10

〇これまでのお話しはこちらから

第一章 不倫発覚

第二章 自殺未遂

第三章 再びの不倫

 

第四章

①自己愛性人格障害という概念を知る

②夫は、人格障害だった…

③精神科を勧める

④精神科(1件目)ー夫のぶっとんだ問診

⑤妻の強硬手段

⑥自己愛に論理で対抗するとどうなるか

⑦離婚を決意する

 

 

私は子供を連れて、

市役所に行きました。

 

離婚するなら、

働かなくてはならない。

とすると、子供を預けなくちゃいけない。

 

保育園の空き状況や

母子家庭の手当てについて、

話をききました。

 

sponsored link

絶望的な保育園状況

待機児童問題は、

ニュースや、ママ友も話から、

何となく分かっていたつもりでした。

 

しかし、現実は想像以上。

 

正社員、シングルマザー、夫のDV…

 

そういった点数を掻き集めても、

すぐの入所は絶望的。

仮に入れたとしても、

子供たちを同じ園に入れることは不可能。

 

別々の園に送迎して働き、

シングルで子供を育てる…。

 

専業主婦での育児すら

ヒーヒー言いながらしていた私からすると、

とてもこなせるとは思えませんでした。

(肉体的に不可能ではないだろうけれど、

私の精神的なキャパから考えると

即いっぱいいっぱいになり、

子供に辛く当たってしまう可能性が…。)

 

市役所の方は、

「一応、申込書類渡しておきますね」

と言って書類一式をくれました。

 

受付のおばさん

私の疲弊した様子や、

夫のDV(精神的な暴力)について質問した様子から、

受付のおばさんは

私を個室に案内してくれました。

 

そこで、

 

「不倫ねえ…」

「はぁー!?それでまた女に逢いに行ったの!?」

「『お前も不倫相手もどっちも必要』!?」

「それで、どうしたのよ!?」

 

と、

まるで大盛り上がりの井戸端会議のごとく、

これでもかと根ほり葉ほり聞かれ、

 

「あなた、なんでそんな男と結婚したのよ!」

「なんで結婚する前に気付かなかったのよ~!」

 

と懇々とお叱りを受けました(笑)

(おばちゃん、絶対途中から楽しんでたわ…)

 

「ほんとですよね、あはは…」

 

と力なく返事をしつつ、

 

(やっぱりうちの夫、

他の人から見てもおかしいんだなぁ)

 

と改めて実感しました。

 

独り立ちファイルを作成

帰りに100均に寄り、

ファイルを購入。

 

市役所からもらった、

保育園関連の書類。

母子家庭手当関連の書類。

DVからの避難、相談関連の書類。

 

そして、

 

不倫相手と交わした示談契約書や、

弁護士の名刺、

プリントアウトしておいた証拠の写真等を

全て収めました。

 

 

ずっしりとしたファイルを眺めながら、

私は少しずつ力が湧いてきたのを感じました。

 

(やれる)

(私なら一人でやれる)

(子供たちを立派に育てて、

楽しく生きてやる!)

 

こうして、ようやく、

孤独の恐怖や絶望感を乗り越えてきたところに、

 

 

夫はまた態度を変えてきました…。

 

 

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com