夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

⑥自己愛に論理で対抗するとどうなるか

time 2017/09/25

論破

〇これまでのお話しはこちらから

第一章 不倫発覚

第二章 自殺未遂

第三章 再びの不倫

 

第四章

①自己愛性人格障害という概念を知る

②夫は、人格障害だった…

③精神科を勧める

④精神科(1件目)ー夫のぶっとんだ問診

⑤妻の強硬手段

 

 

「お前が精神科いけよ!」

 

この言葉で、

「この人は病気だから

理解してあげないと」

とこれまで思っていた気持ちが、

どこかに行ってしまいました。

 

sponsored link

嫁の精神、限界に達する(何度目)

どこかに行くというか、

強風にあてられた砂のように、

サラサラと静かに

飛んで行ってしまいました。

 

荒れる夫と、

不倫や診断のショック、

育児疲れ。

ごたまぜになったストレスも加わり、

私は自暴自棄になりました。

 

私は怒りに任せて、

とことん理詰めで追及する

という行為に出ました。

 

徹底的に論破してみた

こういっちゃなんだが、

私は結構論理的なのだ。

感情に任せてあれこれ言うような

オンナじゃないのだ。

 

見せてやるよ私の本気!

 

 

「俺は人格障害じゃない」

「病院のあとは、

『俺は人格障害なのか…』

『どうしたら治るかな』

って言ってたよね?」

「は?さあ?

直後で混乱してたんじゃない?」

「お前も精神科いけよ」

「別にいいけど?連れてってよ。」

「あーいいよ」

「もしそこで私が正常って判断されたら?」

「その医者が間違ってんだろ」

「それ精神科行く意味ないじゃん」

「あーもうお前めんどくさいよ」

 

まだ…だ…

俺はまだ戦(や)れる…!!

 

「俺を診断した医者はヤブ医者だ。

精神科いけば、

誰だって病気認定されるんだよ」

「じゃあどこにいけば

ちゃんと判断してくれると思うの?

私のこともおかしいと思うなら、

二人して診てもらおうよ」

「さあ?なんか行政のとこじゃん?」

「じゃ行こうよ」

「そういうとこは

何でもすぐDV認定してくるし、

信用できない」

「結局どこ行ったって意味ないじゃん。

誰に何言われても信用しないでしょ?」

「あーもうどうでもいいや」

 

 

どうでもよくなったのは

こっちです\(^o^)/

 

 

この、不毛なやりとりよ…。

あっさりと完敗、

というか、撤退しました。

 

もう私には、選択肢がない。

いま思えば、本当に無駄な労力を使いました。

自分の欠点を認めようとしない人に、

いくら理論的に説明したって

無駄なのです。

 

さすがに疲れ果てた私。

 

(お手上げだ・・・)

 

この人は手に負えない。

私からしてあげられることは、もう、何もない。

 

 

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com