夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

⑥不倫の慰謝料額・請求の仕方

time 2017/03/07

 

▼前回までの話はこちら

①妻、出産 → 夫、不倫
②モラ夫、不倫を始める。
③不倫相手のカラダ。その意味。

④不倫相手を手放さないために

⑤不倫の示談契約の準備をせよ  

 

 

示談契約の中で、最大の争点である慰謝料。

 

今回は、我が家の場合の、

慰謝料額についてまとめてみます。

 

sponsored link

慰謝料を決める要件

 

まず不倫が発覚したときに突き付けられるのが、

離婚をするか、しないか。

 

 

これについては、

夫婦間で20回くらい意見が変わりました。

 

 

ちなみに、

私の中では100回くらい変わりました。

 

(再構築しよう!頑張ろう!

モラハラ攻撃

もうムリ…(以下エンドレス)

 

 

離婚するか否かによって、

慰謝料額は大きく変わります。

 

その他に、

・婚姻期間
・子供の有無、人数、年齢
・不倫関係の期間、頻度
・相手の収入

等々が加味されます。

 

こればかりはもう、

ケースバイケースのようです。

 

500万越えも、あるとか…


請求の仕方にはコツが

 

不倫に限らず、

さまざまな慰謝料において、

 

最初に提示した額で一発OKがもらえるパターンは、

あまり無いようです。

 

 

まず額を提示したときに、

 

「こんなに払えません」
「下げてください」

 

と言われることが多いそうです。

 

 

私も、

「はじめはまず、

減額を要求されるでしょう」

と言われました。

 

そしておそらく、

その三分の二程度で、

相手は納得するでしょう、と。

 

 

我が家の場合、

 

150万を提示して、

100万で合意。

 

が妥当だと言われました。

(別居、さらに離婚に至った場合だと、
2~300万程度に跳ね上がるそうです。)

 

慰謝料額には、幅を持たせろ

 

ちなみにこれ、

ふっかけてるわけではなくて、

 

弁護士さん曰く、

 

「あなたの案件の場合、

150万を請求するにじゅうぶんな精神的苦痛は受けています。

それでも、相手はとにかく減額を要求してくるでしょう。

なので、

納得できる『幅』を考えましょう

とのことでした。

 

モメないための、『幅』

 

どうして幅を定めておくかというと、

 

モメるのを避けるためです。

 

 

 

幅を持たせず、

「キッチリ、この額で!」

と出てしまうと、

値下げ要求されたときに、

相手方との話合いが長引くわけです。

 

 

でももともと、

「△円~○円のあいだならいいか」

と定めておけば、

 

「△円にさげてください」

と言われたときに、

 

「(範囲内だし)いいですよ」

 

とアッサリ終わるわけです。

(不倫相手とのやりとりなんて、

最小限にとどめておきたいですからね…。)

 

 

キッチリとした計算式があるわけでもなく、

各家庭や不倫相手によって、

条件はさまざま。

 

この2/3~3/3の幅は、

そういった不確定要素に左右されるようです。

 

 

我が家の場合

 

そして実際に請求してみたところ、

 

弁護士さんに言われた通りの流れで、

ぴったり100万で合意しました。

 

プロってすごい。

預言者かよ。

 

 

(幅ギリギリまで減額要求してくる不倫相手な…。)

(そして応じてしまうチキンな私な…。)

▼続きはこちら

sponsored link

コメントを残す



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com