夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

 

▼前回までの話はこちら

①妻、出産 → 夫、不倫
②モラ夫、不倫を始める。
③不倫発覚→暴言の嵐

 

自己愛の思考回路のおさらいをすると、

自分の存在価値=愛されること
愛されること=セックス
不倫相手=セックスの相手

不倫相手とのセックス
=自分の存在価値の確認

となります。

 

つまり、

①不倫相手から引き離されること
②不倫相手から嫌われること

このどちらかが発生したとき、

夫は自分の存在価値を
確認できなくなります。

 

夫は必死になって、
それを阻止しようとしてきました。

 

sponsored link

加速する夫の暴走

①不倫相手から引き離されないために

・「不倫相手とも会うのが俺の幸せ」
・「お前が本当に俺を愛してるなら
俺の幸せを受け入れろ」

・「お前とセックスすると、
お前が疲れて育児に支障が出る。

  だからお前以外の相手が必要。」
・「だから不倫は今の家庭を
まわすために必要な行為」

・「不倫相手がいなくなったら
俺はやっていけない」

②不倫相手から嫌われないために

・ 不倫相手への慰謝料額を
極端に値下げしようとする

・かなり値下げしたにも関わらず、
さらにその半額を相手に返していた
(私には連絡なし)

・私と不倫相手との直接の連絡を拒否。
すべて夫が仲介。
(自分の本性が、私から不倫相手に伝わるのを避けるため)


 

このように、
不倫が発覚したとたん、
自己愛にありがちな、

・はちゃめちゃな理論
・暴言
・暴挙
・自己中全開

が一気に噴出しました。

なぜ一気にきたのか?

 

それは


「セックスという愛情確認作業によって自分の存在を確定してくれる不倫相手を、失いかけているから」

 

つまり、
自己愛の暴言、および暴挙は、
自分自身の存在を守るために
発生します。

 

だからって、
許されるわけでもないし、
肯定するつもりもありません。


ただ、

事実として、
そうなのです。

 

【今日のまとめ】
・存在不安を抱える自己愛は
自分の存在のためなら何でもする。

▼続きはこちら

▼モラハラ対処法まとめ

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link

コメントを残す



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com