夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

結婚指輪

 


今日は、

自己愛性パーソナリティ障害と診断された夫に対して、

いま、私がどう思っているのか、

正直にお話ししたいと思います。 

 

sponsored link

殺してやろうかとも思った

 

冷たかったとき、

モラハラを受けていたとき、

不倫が発覚したとき、

「一緒に治療頑張ろう」と言っても、

「お前こそ精神科行って来いよ!!」

と言われたとき…。

 

 

逃げだしたい恐怖も強かったけど、

 

「もう殺してやる!!」

 

と思うくらい、

憎む気持ちも強かった。

 

 

あのとき、もし法律で許可されたら、

殺せていた気もします(笑)

包丁でね(真顔)



変化していく気持ち

 

その後、

診断を受け、

2人でカウンセリングに行き、

私1人でもカウンセリングに行き、

自己愛性パーソナリティ障害について、

いっぱい調べました。

 

そして、

自己愛性パーソナリティ障害は、

 

「鬼」

 

ではなく、

 

「さみしい過去を持っている人」

という認識も得ました。

 

 

そしてそんな夫に対して、

さまざまな方面からアプローチ。

 

 

また時間を経たことで、

不倫発覚のショックも、

少しずつやわらいできています。

(まだまだ時折思い出しては、

「あああああ!!」ってなりますが(笑))

 

不倫発覚から1年たった今

 

そして今では、

夫のことを

 

「愛おしいな…。」

 

と思うことも増えてきました。

 

 

なぜか。

 

 

夫が、変わったからです。

 


激変した夫

 

この1年で、

夫はかなりの変化を遂げました。

 

変化というよりは、

進化。

 

 

「人間としての温かみ」を得て、

そしてそれを日々増やしているように感じます。

そして本人も、それを自覚しています。

 

自己愛性パーソナリティ障害は治る、という希望

 

「俺、人間らしくなってきた気がするw」

 

こんなことまで、

言うようになってきました。

 

1年前は、

複数の精神科で、

自己愛性パーソナリティ障害

と診断されていた人が、です。

 

 


「俺以外の人間は、モノと同じ」

 

そんなことを言っていた人が、

 

「お前が幸せになれるように、

行動していこうと思う」

 

1年後には、こう言ってくれました。

そしていそいそとお風呂を洗いに行きました(笑)

 

 

 

治すことは困難。

とにかく近づくべきじゃない、

自己愛性人格障害。

 

 

本当にそうだろうか?

希望をもっても、いいんじゃないか…?

 

 

この1年、

そしてこれからの試みも、

少しずつ、

記していけたらと思います。

 

▼自己愛性人格障害の原因



▼慰謝料の使い道

 


夫のやらかした過去はこちらから(笑)
↓↓
第一章 不倫発覚
第二章 荒れる夫
第三章 再びの不倫

sponsored link

コメントを残す



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com