夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

愛情のコップが未完成な人たち

time 2017/04/20

愛情のコップ

 

あくまで私の見解ですが、

自己愛性パーソナリティ障害とは、

 

愛情のコップが未完成のままである

 

ことが根源なのではないかと思っています。

 

 

sponsored link

親からじゅうぶんな愛を与えられた場合

cup1

親からたっぷりの愛情を与えられた子は、

それをしっかりと受け止めるコップが出来上がります。

cup2
そのコップの中には、

他人から与えられた様々な愛を溜めることができます。

 

そして他人に愛を与え、

交換し合う、ということも出来るようになります。

 

自己愛性パーソナリティ障害者の場合

cup3
親からの愛情が不足していると、

コップが完成しません。

 

歪んでいたり、

底が抜けていたり。

 

cup4
コップとして機能しないので、

溜めることが出来ません。

 

せっかく与えられた愛情も取りこぼしてしまい、

決して満杯になることはありません。

 

cup5
「満杯になる」という感覚も分からず、

そこには「様々な種類の愛」が入る、

ということも知りません。

 

 

たとえば、

「肉体関係」という愛は、入れられても、

「思いやり」は愛なのか分からず、

そのまま捨ててしまいます。

cup6
満杯になることがないので、

常に愛を求め続けています。

 

なので、周囲の人間は、

大量の愛を、

延々と与え続けることになります。

 

 

それでも、自己愛性パーソナリティ障害者は不安になります。

 

いくらもらっても、

満杯にならないからです。

 

「なぜ満杯にならない!!」

 

常に愛情不足状態の自己愛。

 

なぜなのか。

 

彼らは、

「満杯にならないのは、

相手の与える愛情が少ないからだ」

と考えます。

 

実際には、

たくさんの愛を与えられていたとしても。




なぜなら彼らは、

コップが未完成なことに気づいていないから

 

自分自身に原因があるという可能性については、

考えることが出来ません。

※参考記事

 

愛の次のステップに進めない

一番恐ろしいのは、

 

「底が抜けたコップを満杯にすること」に必死なので、

「そのコップの中身を分け与えること」が出来ない

 

ということです。

 

 

自分の分ですら満足に得られていないので、

他者に与えるという発想自体がありません。

 

頭の中は、

・早く満杯にしたい
・なんでもっと愛を与えてくれないんだ

こんなことで常にいっぱい。

他者に目を向ける余裕はありません。

 

自己愛性パーソナリティ障害者は、悪くない。

 

こうしてみると、

かなり扱いづらい人間ですし、

周囲はトコトン疲弊します。

 

でも・・・

 

本人に何か落ち度があるでしょうか?

 

 

ないんです。

彼らは、一所懸命なだけ。

 

 

そんな彼のコップの穴を、

少しでも塞ぐことができたら。

 

満杯になる感覚を味わってもらえたら。

 

 

甘ちゃんで、

夢見がちかもしれないけど、

今の私の目標はそこです。

 

もし目標が達成できたら、

2人で、

どんな人生が歩めるんだろう。

 


▼夫を再び愛そうと思った理由

 

 

 

sponsored link

コメントを残す

sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com