夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

自己愛性パーソナリティ障害の魅力

time 2017/04/09

成功者

 

自己愛性パーソナリティ障害について、

調べてみると、

まるで悪魔のように書かれていることがほとんどです。

 

まぁ、実際、

スイッチが入っちゃうと、

そうなんだけどさ。

 

 

でも。

 

自己愛性パーソナリティ障害と、

結婚してる人って、

いっぱいいますよね。

 

私もそうです。

 

sponsored link

配偶者の視点

 

の本質を見抜けなかった私も、

かなりおバカです。

 


でもさすがに、独身のときに、

 

「人を対等に愛することが出来なくて、
相手は家政婦兼風俗嬢としか思えなくて、
モラハラするし、
相手に自由なんて、
絶対に与えない人がいるんだけど、

 

 

結婚する?

 

 

って訊かれたら、

 

 

回れ右して
逃走しますヾ(´ε`;)

 

それでも、結婚しているという事実

 

ではなぜ、


自己愛性パーソナリティ障害者と、

結婚したのか。

 

 

同じ境遇にいる人なら、
分かってくれる方も
いらっしゃるかと思うんですが、

 

 

魅力的なんですよね…。

 

 

裏側を知ったり、

モラハラを受けたりすると忘れがちだけど、

 

初めて会ったとき、

その強烈な個性に惹かれたことは事実なんです。

 

 

私みたいな、

自分に自信がなくて、

常にオドオドしてるような人間からすると、

 

揺るぎない自信に満ち溢れていて、

それに何の疑問も抱いてなくて、

エネルギッシュ。

目標に一直線。

不要なものは棄てる。

自信に迷いがない。

 

 

惹かれちゃったんだよねー・・・・。

もう、しょーがなかったんだよねー・・・。

過ぎたことだしさ・・・。

 



結局いまも、惹かれ続けている。

 

 
モラハラはやめてほしいけど、

その揺るぎない自信は捨てないでほしい。

 


家族には優しくしてほしいけど、

でも変わらず、

目標に向かって突き進んでほしい。

 

 

自己愛性パーソナリティ障害の、

全ての症状をなくしてほしいわけじゃないんです。

 

 

こっちは治して!
でもあっちは治さないで!

 

 うん、

わがままです。

 

 

でも、さあ。

いーじゃないか。

 

 

人格障害者と結婚して、

支えてるんだもん。

 

 

面倒みて、

愛情を与えてやってさ。

ありのままを受け入れてやってさ。

本来なら母親がやるべき任務を、

代わりにやってるんだもん。

 

 

それくらいのワガママいいじゃない!

許される!

 

 

というわけで、

そのワガママを叶えるべく、

毎日必死に生きております。

 

 

まずはこれくらい傲慢にならないと、

人格障害を

相手にできないよね( ̄▽ ̄)

 


sponsored link

コメントを残す



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com