夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

自己愛性人格障害者(モラハラ男)とは恋愛しちゃいけないの?

time 2018/07/13

皆さまからいただくメッセージのなかに、
「相手がモラハラだと気づいたのですが、
別れるべきでしょうか」
といった内容がよく寄せられます。

そしていつも、
メッセージから切実に感じるのは、
相手を愛している
ということ。

愛しているからこそ、悩むんですよね。

愛しているのに、
こちらからの愛が通じなかったり、
歪んだ愛を押し付けられたり。

でも、相手には幸せになってほしいし、
できれば自分も隣で幸せになりたい。

痛いほど、よくわかります。

sponsored link

私なりの結論

あくまで私個人の考え方ですので、
参考程度にお考えください。

私としては・・・

モラハラ男とは、
ンプルな男女としての関係のみ継続していくのであれば、恋愛も可能。
と思っています。

つまり、

結婚したり、
子供作ったりするのは、
ちょっとしんどいかもよ。

ということです。

モラハラ男に複雑な関係は難しい

あくまで1対1で完結する、
シンプルな関係。

これだけを続けていくのであれば、
モラハラ男と被害者体質の女性は、
(良くも悪くも)相性がいいので、
意外ともつのではないかと思っています。

もちろん残念ながら、
普通の男女関係とは少し異なります。

お互いを尊重し合って~なんて
美しいことにはならないです。

お互い依存しあって、
束縛の中で生きていく可能性が
高いです。

でもそれが
心地いいと感じる方もいますし、
それに良し悪しはありません。

大事なのは、
本人がそれでよしとするかどうか、
です。

自己愛性人格障害との結婚はまじでキツイよ

相性がいいのに、
なんで結婚はおすすめしないのか、
というと、

関係が複雑になるからです。

結婚すると、
しがらみが一気に増えます。

義両親や親せきとの関係。

考え方や育ちの違い、
金銭的な問題も絡んだりと、
ひっっっじょーーーに
めんどくさいことになります。
(自信をもって太字

これまでの自分の生き方、
自分の両親、親戚に至るまで、
全否定される可能性もあります。

子供を作ると、もっとキツイよ

子供が出来るとさらに厄介になります。

理由は2つ。

・関係がさらに複雑になるから
・夫にとって、
 妻が「自分だけの女」では
 なくなるから

夫から見た妻は、
シンプルな「自分の女」だけでは
なくなります。

自分の子供の母親であり、
共に育児をする
パートナーとなるわけですが…

これが受け入れられないのが
モラハラ男です。

夫も、これがめちゃくちゃ
辛かったそうです。

「子供にお前を盗られた」
とはっきり言いました。

この夫の辛さは、
・さらに強いモラハラ、束縛
・子供への八つ当たり
という形で現れます。

モラハラ男と結婚したり、
子供を作ったりする場合は、

・(実務的にも精神的にも)
 完全ワンオペ育児を覚悟する

・その上で夫にもめっちゃ構ってあげる

・とにかくめっちゃ頑張る

これらをクリアする必要があります。

モラハラ治せばいいんじゃない?

もしくは、結婚・または出産以前に、
モラハラを治しておく、
という道もあります。

ただ、これはこれで茨の道です。

私はなんとか
その道をたどってきましたが、
めっちゃしんどかったです。
(おかげで、今はかなり楽になりましたが。)

モラハラを治したあと

ただ、モラハラを治すと、
当然ですが、
その男性の性格自体に変化が訪れます。

穏やかになるし、
気をきかそうと努力もしてくれます。

ただ、
以前のような、勢いはなくなります。

勿論私はなくて構わないです。

むしろ落ち着いているので安心します。

でも、
・自信満々で前に進む姿が好き!
・周囲に構わず、目的のみを追求するところが好き!
という方には、
物足りなくなるかもしれません。

まとめると

①モラハラ男独特の”自信””勢い””ドS感”が好き

→A:恋愛のみをシンプルに楽しむ

②モラハラ男と分かってるけど結婚したいし子供が欲しい

→B:がんばってモラハラ治してみよう!

or

→C:とにかくがんばれ・・・!!
   (自己責任で)

③モラハラ男が好きだけど、結婚や育児を共にする気はない

→D:別の人を探す。(35億いるから)

 

といったところでしょうか。

あくまで私個人の感覚ですが。

もちろん、
お分かりとは思いますが、
一番楽なのはDですよ。
(また別のモラハラ男に引っかからない限り)

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com