夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【自己愛性人格障害の原因】元モラハラ夫の実家帰省レポ

time 2018/01/09

お正月は例年どおり、
日帰りで夫の実家
(の近くのレストラン)へ
行ってきました。

sponsored link

リラックスしきれていない元モラハラ夫

義両親(夫にとっては両親)
と会うとき、
夫はとても
不思議なテンションになります。

夫の様子を観察してみると、
コロコロと3パターンに
分かれているのが分かりました。

①義両親と自分自身の話題を話すとき

義両親から、
「仕事はどうなの?」
等、自分自身のことについて聞かれたとき、

夫は顔を真っ赤にして、
はちきれんばかりの笑顔で答えます。

本当に真っ赤。

お酒一滴も飲んでないけど真っ赤。

なんだか切なくなるくらい、
嬉しそうな顔をします。

②義両親と自分以外の話題を話すとき

自分自身への質問以外の
会話をするときは、
テンションがガクンと下がります。

「さあね・・・」

「へー・・・」

さっきまであんなに笑っていたのに、
別人のように無関心になります。

③義両親と会話をしていないとき

会話が途絶えたとたん、
スッと殻に閉じこもり、
とたんに無気力になります。

くつろぐ様子もなく、
ダルそうに座っているだけでした。

義両親に帰宅を急かされる

ご飯を食べ終わるか
終わらないかのうちに、

帰宅を促されます。

義両親:そろそろ帰らないと遅くなるよ

(まだ昼過ぎだけど!?)

たいてい、
1度目の催促の場合、
夫は流します。

「そうね…」
と言いつつ、腰はあげません。

そりゃそうだ。
(てゆーかまだ食べてるし)

2度目、3度目になり、
夫はしょんぼりと
荷物をまとめ始めます。

私はこの瞬間が毎年とても苦手です。

日帰りで会える距離にいるにも関わらず、
全く会いに来ない両親。

お正月だからと
こちらから会いに行っても、
実家にもあげてもらえず、
外食だけしてすぐに帰される。

結婚以来、
毎年夫と義両親の様子に
違和感はありましたが、
自己愛性人格障害と診断された今、
その様子から伝わってくるものが、
大きくて、辛い。

義両親と離れてぐったりする夫

夫は帰り道、
ぐったりとしながら、

「実家だけど疲れたわ・・・」

と言いました。

これは、
これまでにないことでした。

自己愛性人格障害だと診断され、
その原因が母(と父)との関係にあると、
夫は知りました。

昔のように、
「俺の両親は世界一!」
と言っていたころとは違い、
夫の中でも
何かが大きく変わっているようでした。

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com