夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

不倫慰謝料の使い道(残り)

time 2017/07/12

探偵

▼慰謝料の使い道

↑で使った慰謝料。

 

まだかなり残っています。

(全体の半額以上)

 

sponsored link

ただの貯金ではない

何の意味もなく、

残しておいてるわけではありません。

 

残りは…

 

 

もしまた夫に怪しい気配があったら、

迷わず探偵を依頼するため

 

です。

 

 

私の経験上、

 

嫁が、

『なんか怪しいな…』と思ったとき、

夫はほぼクロ。

 

 

これは私の実体験でもありますが、

友人や、ママ友の例からも学んだことです。

(周りにも、結構な確率でいるんですよね…。)

(あくまで私の周囲の場合、ですが)

 


探偵を依頼する2つの理由

 

①不倫を暴きたい&復讐したいわけじゃない

 

もしまた夫が不倫をしたとしても、

「すぐに暴いてやる!」

「もう許さん!」

そういう目的で、探偵を依頼しようと思ってるのではありません。

 

 

経験して思いましたが、

 

不倫は、早期発見が一番です。

(三大疾病か)

 

 

嫁がつい見過ごして、

だらだら続かれると、

終わらせるのも何かと大変になります(←大変だった人)

 

②確実な証拠をつかむため

私の場合は、

夫と不倫相手が共に自白してくれたので、

何とかなりましたが、

次はどうなるか分かりません。

 

 

数人の弁護士さんに伺ったところ、

結局、

裁判になっても有効な証拠は、

 

・ラブホテルに一緒に入った写真

・ラブホテルから出てきた写真

 

これのみです。

 

 

イチャイチャしたLINEとか、

通話の録音とかは、

 

それだけじゃ勝てません。

 

 

「冗談だった」

これでオシマイにされてしまう可能性があるからです。

 

 

LINEや電話が、

誰がどうみても怪しくて、

しょっちゅう一緒に食事してたとしても、

 

裁判で負けてしまえば、

 

慰謝料どころか、

不倫を認めさせることも不可能になります。

 

裁判費用・弁護士費用も、取り返せません。

(これが一番怖い)



夫にも宣言済み。

 

夫には、既にこう言ってあります。

 

 

「次、少しでも怪しいと思ったら、

迷わず探偵さんに頼むからね。」

 

 

当然、探偵社に依頼するには、費用が必要ですので、

そこを慰謝料でカバーしてるわけです。

 

・いつでも払える、まとまったお金

・なくなっても、さして悲しくないお金

 

これには慰謝料がうってつけでした。

 

 

夫も、

私に資金力があることを知っているので、

さきほどの宣言が、

ただの脅しではないことを

感じているようでした。

 

あくまで前向きな資金

もちろん一番は、

「夫が不倫したいとすら思わない状況」。

 

夫婦2人で笑いあって、

支え合って生きてくのが一番です。

 

残りの慰謝料は、

そういう日々を安心して目指していくための、

一つのアイテムなのかな、と思っています

(無理矢理いい話風)


 

▼次に狙ってるのはコレ。500円!

▼請求額の設定にはコツが

不倫の慰謝料額・請求の仕方

sponsored link

コメントを残す



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com