夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【自己愛性人格障害と結婚しました】モラハラ被害者体質が抜けきれない主婦の日常

time 2017/12/07

夫はモラハラをしなくなったのに、
妻である私は
なかなか被害者体質から抜け出せません。

どうしても我慢しちゃうし、
どうしても周りの目が気になっちゃうし、
どうしても怯えてしまう…。

sponsored link

モラハラ被害者は周りの目が気になり、ご褒美が苦手

先日、実母に子供たちを預け、
1時間ほど買い物に出ました。

当然、実母の了承を得ているわけですが、
その1時間のあいだ、
私は常に心臓がギリギリしていました。

「10分経過…急がないと…」

「1人の時間だなんて、ワガママだ」

「身に合わない贅沢をしている」

「40分経過…ちょっと早めに帰ろう」

常にこんなことばかり考えてしまい、
落ち着きがなくなり、
早足でキリキリしています。

心から1人の時間を楽しむことが
全然出来ません。

モラハラ被害者体質の中途半端な努力の結果

こういう余計なことを考えるから
いけないのだと、
頭では分かっているのです。

自分のしたいことを
物怖じせず、純粋に楽しむんだ

自分は今どうしたいのか?

それだけ考えるんだ・・・

考えた挙句、ふと、
<帰り際にお茶がしたいなぁ>
と、強く思いました。

そうだ!

カフェに行こう!

10分20分遅れたところで
大したことじゃない!

私はカフェでゆっくりしたい!

そう思い、
鼻息荒くカフェに入り、

テイクアウトカップに入れてもらい、
数分間なんとかカフェの椅子に座り、
まだ半分以上入っている
カップを持ったまま、
大急ぎで帰宅しました。

テイクアウトカップを選んでる時点で、
ゆっくりする気ゼロ。

最後までいない気まんまん。

鼻息荒くカフェに入ったものの、
落ち着かなくて、
結局急いで帰るという、
なんとも中途半端な結果に終わりました。

さらに続く情けない結末

テイクアウトカップをもったまま、
子供たちを回収し、
帰宅することになってしまった私。

家には、夫がいます。

私は、
夫にカップを持っていることが
バレないように、
マフラーでくるんで隠し、
隙を見てこっそり
ゴミ箱に捨てました。

私が被害者体質そのままであることが、
お分かりでしょうか。

私は、
夫にカップを見られ、「専業主婦のくせに余計な金を使ったのか」「夫を差し置いて贅沢だ」と思われるのではないかと、怖くて怖くて仕方がなかったのです。

もちろん今の夫はそんなことは言いません。

おそらく、
「おー!いいじゃない」
「一口ちょうだい」
こんなことを言うんじゃないかと思います。

それが分かっているのですが、
どうしても怖いんです。

バレないように大急ぎで氷を捨て、
カップを洗い、
ゴミ箱の奥の方へ
ぎゅうぎゅうと押し込んでいるところに、
夫に声をかけられ、
体がビクっと震えました。

ありもしない恐怖におびえ、
1人で勝手にビクビクし、
無駄に先回りして
回避しようとしてしまうのです。

それでも少しずつだけど、前に進んでいる

こんな情けない
独り芝居をしている私ですが、
初期の頃に比べたら、
かなりマシになりました。

というのも、

追い炊きボタンが押せるようになったんです!

↓押せなかったころの私はこちら

まだちょーっと、
不自然な力は入りますが(笑)
以前よりはかなり自然に、
押せるようになったなぁと思います。

失敗しても絶対に自分を責めない

一番気を付けているのは、

被害者体質を抜け出せない自分を
責めないこと。

(また出来なかった…)

(失敗したんだ…)

こんなふうに落ち込むことだけは、
なんとか避けています。

出来なくても、気にしない。

次、またやってみよう。

こう考えられるようになっただけでも、
大きな進歩かなと思っています。

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com