夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

モラハラ脱却には、加害者被害者両方の変化が大事

time 2017/12/04

モラハラという問題では、

当然ながらモラハラをする加害者に

注目が行きがちです。

 

しかしモラハラは、

加害者・被害者両方が揃って初めて発生します。

 

sponsored link

モラハラが発生する条件

加害者がいても、

周りが自己固定感MAXの天真爛漫な人ばっかりだったら

加害者はモラハラしません(というか出来ない)。

 

そこに、

・気弱で

・自分に自信がなくて

・自己肯定感が低くて

・愛されたがり尽くしたがり

な被害者体質の人が現れると、

モラハラ加害者の標的になり、

モラハラが発生します。

 

言ってしまえば、

モラハラ加害者は、種。

モラハラ被害者は、土です。

モラハラを育ててしまうのです。

 

モラハラ脱却には、

加害者の体質を変えることが、

第一ですが、

被害者体質を抑えるということも、

とても大切になってきます。

 

⑴加害者への働きかけ

加害者の体質を変える働きかけは、

「夫のモラハラをやめさせた方法」

一通り記載しています。

よろしければこのブログと合わせて

是非ご参考ください。

 

⑵被害者への働きかけ

ネットで検索するとヒットする

「モラハラ対処法」の多くが、

実はこちらに該当します。

 

「加害者側は変えられない」という考えに基づき、

被害者側の体質を変えることで、

「モラハラに遭わなくする」という解決方法を取っています。

 

根底にある考えは、私とは異なりますが、

被害者側への働きかけとして見るのであれば、

とても有効だと思うものが多くあります。

数々のサイトで紹介されているので、

是非検索してみてください。

 

 

えらそうなことを言っていますが・・・

かく言う私も、

実は未だに被害者体質を引きずっています。

 

夫のモラハラをなくしておいて、

自分はまだまだ変われていないのです。

 

当然、

<土があっても種はない>状態のため、

モラハラの芽が出ることはありませんが、

モラハラの影が一切ない平穏な生活には、

まだ至っていないのが現状です。

 

 

私が働きかけを始めて、

夫がモラハラをしなくなるまでに、1年弱。

同時に自分自身の意識改革(=被害者体質脱却)も

試みましたが、

1年半以上たった今でも、

まだ被害者体質を引きずっています。

 

 

責める人なんて誰もいないのに、

責められるのではと怯え、

そんなことではだめだと奮起しつつも、

怯えを拭い去れない…

 

1人で勝手にジダバタしています。

もうダサくて笑っちゃうくらい。

 

▼そんな私の日常

 

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com