夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【夫の暴言集】「俺が傷つく…」

time 2017/09/29

夫の暴言

タイミング的にちょうど、

↑このあたりのときの話です。

 

約束・示談契約を破り、

こっそり不倫を再開したことを、

夫はあっさりと自供。

それを私が不倫相手に問いただしたところ、

不倫相手は夫に、

「しゃべってんじゃねえよ!」と

ブチ切れLINEを連発してきました。

 

 

あらすじの方では、

私と不倫相手のやりとりに

フォーカスしていますが、

実は同時進行で、

夫と不倫相手のLINEのやりとり、

夫と私のやりとりもあったのです。

 

sponsored link

ひとまず不倫相手に謝る夫

「くずが」

「ふざけんな」

「なぐらせろ」

 

このような不倫相手の罵詈雑言に対し、

夫はLINEで、

「ごめん」

そして、

 

「嫁と別れる気はない」

と送信。

 

 

不倫のゴタゴタ中、

これまでも夫が不倫相手から罵詈雑言LINEを

もらうことは何度かありました。

しかし夫が謝れば、

「私と嫁、どっちが大事なの?」

「ちゃんと答えて」

というふうに、

まだ好意のある返信をしてきていました。

 

 

しかし今回ばかりは、

不倫相手も本気でした。

 

不倫相手も愛想をつかす

「ごめん」

「嫁と別れる気はない」

という夫に対し、

不倫相手は、

 

「ごめんですむか。くずが」

「せいいみせろ」

 

そして、

 

「もう私に関わらないで」

 

 

そんなやりとりをしり目に、

私は違約金請求の連絡を

不倫相手にし始めました。

あらすじにある通り、

不倫相手は散々渋ったわけですが、

これに対し私がキレていると、

横にいた夫は、

 

 

「まーなんでもいいけど、

 

 

俺が傷つくのだけはやめてね」

 

と言い放ち、ごろりと横になりました。

 

急変した夫の態度

ここ数カ月、

「不倫相手がいないと俺はやっていけない」

「精神的な支えだった」

「愛している」

こんなことを半泣きで訴えていた夫。

 

それがあっさりと、

<俺関係ないから>

という態度に。

 

我が夫ながらクズ中のクズですが、

あまりの態度の変わりように、

私は単純に驚いてしまいました。

 

「どうしたの急に」

 

と私が聞くと

 

「え?

 

 

だって『もう関わらないで』

って言われたから。」

 

自己愛の特性による3つの原因

強烈ですね。

でもこれらの言動にも、

自己愛性人格障害の特性が隠れているのです。

 

特性① 自分に好意のある人間、操れる人間にのみ執着する

無意識下では自分に自信の無い自己愛は、

人を操り、上下関係を築くことで安心します。

それゆえ、

・自分のことが大好き

・自分の言いなりになる

こういった人間には異常なまでに執着します。

 

不倫相手も、

ついさきほどまで

このようなタイプだったわけです。

 

そんな彼女が、たまりかねて、

「もう私に関わらないで」

と言って去っていこうとする。

 

自分に対し興味を持たなくなった相手、

もう操れない人間には、

興味を失い、

一気に「どうでもいい人間」へと

ランクダウンします。

 

自己愛の特性② 自分の利益が最優先

不倫相手が、

一気にどうでもいい存在になった夫。

そんな夫の一番の関心事は、

自分の身の安全

でした。

 

相手の気持ちを推し量れないため、

とにかく自分のことだけしか

考えられません。

不倫のゴタゴタの間、

不倫相手が少しでも怒り出すと、

「本当に殺されるかも」

「刺されるかも。どうしよう」

と情けないくらいビビッていました。

 

自己愛の特性③ 行間が分からない

共感力もなく、

言葉の裏を読むのも苦手。

(自身も、オブラートに包むということが

ほとんど出来ないので、

ズケズケ言ってしまうわけです。)

 

そんな自己愛に、

「もう関わらないで」

は、ただ、そのままの意味でしか通じません。

 

・関わりたくないくらい、怒っている

・強く出た自分を引き留めてほしい

・追いすがってほしい

 

こういったような、

裏の意味は一切分かりません。

 

ただシンプルに、

 

「あ、もう関わらないのね。了解。

じゃ、さよなら」

 

と捉えます。

 

 

これらの特性から、

「俺が傷つくのだけはやめてね」

「関わらないでって言われたから」

という暴言が生まれたのです。

 

この「俺が傷つくのだけはやめてね」は、

私が聞いた暴言の中でも

ベスト5に入る衝撃でした。

 

当時は

「本当にクズだ」

「頭おかしい」

としか思いませんでしたが、

こうして自己愛性人格障害を調べていくと、

スルスルと原因が解明できるので、

結構楽しいです。

 

人格障害だから仕方がないとは

全く思いませんが、

原因が分かれば、

次のステップにも進めるはずです。

 

>>モラハラ対処法まとめページへ

 

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com