夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【自己愛性人格障害のモラハラ対処】嫌味を言われたらこう返せ!

time 2017/08/11

モラハラ対処

モラハラ対処の鉄則は、
いつもと違う反応をして
モラ夫を戸惑わせること。

今回は私が成功した
「対・モラハラ夫の嫌味戦法」について
書きたいと思います。

sponsored link

「楽しそうな嫁」は即モラハラターゲット

モラ夫は、
嫁が楽しむのを嫌がります。

正確には、
自分がいないところで、
自分以外の誰かによって、
楽しませられている
ことを嫌がります。

自分と一緒にいて楽しそうにしてる分には、
それほど厳しくはしてきません。
(「俺といるときは常に機嫌よくしてろ」
というタイプ。)

楽しげな嫁を前に、どんなモラハラを繰り出してくるか

久しぶりに友人とランチをして、
ご機嫌で帰宅した私。

そんな私を見て、
夫はこう言います。

「俺があくせく仕事してる間に、
そうやって楽しんでんだ?」

以前の私の反応

①以前の通常状態の私

「う…ごめんね…」

「ほんとだよ専業主婦はいいよな俺はずっと仕事なのに(以下略)」

②以前の、少し頑張った私

「私だって無休で家事育児頑張ってるからたまにはいいじゃん!」

「は?お前が望んで専業になったのになんなの?働きながら家事育児してる人だっていっぱいいる(以下略)」

これがいつも通りの反応です。

夫は私のこの出方を
把握しきっているので、
モラハラで論破する準備は万端。

即、モラハラで私を潰し、
洗脳を重ねます。

モラハラ対処。いつもと違う反応とは?

私なりのモラハラ対処法。

それは、
「楽しそうだね~」
と嫌味を言ってくる夫に、

「うん!楽しかった!!」

ストレートに返すことです。

ポイントは、

①嫌味を嫌味と受け取らず、「文面そのまま」で受け取った上で、 ②天真爛漫に回答する(極力自然に)

この2点。

特に、「極力自然に」が重要です。

少しでもワザとらしさが残ると、
それは「嫌味返し」だと
捉えられてしまうからです。

なぜモラハラ夫は返事が出来なかったのか

自分の嫌味に対し、素直に
「たのしかった!」
と返してきた嫁に対し、
夫は言葉に詰まり、
何も返してきませんでした。

返せなかった、が正しいと思います。

この、
「嫁が嫌味も通じない天真爛漫」
パターンは、
モラ夫の想定の範囲外です。

対応する答えを持ち合わせていないので、
返事が出来なくなるのです。

なぜ範囲外なのか

なぜモラハラ夫が対応する答えを
持っていないのか。

それは、

「楽しかった!」

というような、
天真爛漫な言葉、
そして天真爛漫な人と、
触れ合ったことがほとんどないからです。

モラ夫自身が、
そういう人たちを避け、
自己肯定感の低い被害者体質ばかりを
ターゲットにするから、
というのもありますが、

そもそも天真爛漫な人たちも、
モラ夫に近づいてこないからです。

だからモラ夫の
コミュニケーションパターンの中に、
「対・天真爛漫用」は装備されていない
のです。

このモラハラ対処法は、

①被害者体質なリアクションをやめ、
②モラ夫が苦手とする天真爛漫な リアクションをすることで モラ夫を戸惑わせ、
③モラ夫の中の 「コイツは被害者体質」 という認識を壊していく、
という流れになります。

「楽しかった!」は本来であればとても素直な反応

実際、ランチはとても楽しかったのです。

普通に、
「ランチ楽しかった?」
と聞かれれば、
「うん!楽しかった!」
と答えられます。

でも、
「俺が仕事してるときに楽しむわけ?」
と来られると、
「楽しんじゃいけないんだ」
「楽しかったって言ったら怒られる」
という判断が働くので、
素直に言えなくなってしまう。

でも、
いざ素直に「楽しい」っていうと、
怒られないのです。

なぜなら夫の嫌味は、
「『楽しかった』なんて言うはずない」
という無意識の前提によって
成り立っているからです。

「モラ夫が悪い」だけでは、モラハラから抜け出せない

モラハラは本当に巧妙だと思います。

被害者の退路を断ち、
選択肢を断ち、
徐々に追い詰めていく。

でも。

被害者の方も、
そういう流れに乗せられやすい
性質・思考をもってしまっているんです。

思考は、結構自分でも変えられます。

変える勇気もなく、
ただモラ夫を恨むだけでは、
ずっと被害者のまま。

人を恨むのって、
気分悪くなりますよね…。

なので私はやめました。

モラハラは辛くても、
こうやって対処法を編み出したり
観察したりする方に情熱を注いでいると、
意外と平気です。

モラハラもどんどんおさまってくるし。

とりあえず、
ただ恨んでいるよりも
何倍も楽だからやってます。

>>モラハラ対処法まとめへ

▼こちらもオススメ 「好き嫌い」戦法

▼「ストレートな愛情表現」で夫を戸惑わせる

夫のモラハラをやめさせた方法

「お前は社会不適合者」
「お前のせいで俺は不倫した」

暴言製造マシーンだった夫が、

「人として、大切だと思っているよ」
「お前が喜ぶようなことを、
していきたいと思う」

少しずつ、あたたかさを得始めた記録です。

sponsored link

コメントを残す