夫は人格障害

夫が不倫しました。夫の人格障害・モラハラを治し、夫婦で幸せに生きていく!

【モラハラ対処】「お前が悪い」と言われたら

time 2017/09/16

モラハラ

 

「自分が悪い」という思考が出来ない

自己愛性人格障害。

 

そんな思考回路ゆえ、

何かにつけて屁理屈を生み出し、

「お前が悪い」

と、責任をこちらに押し付けてきます。

 

どう対処したらよいのか。

私が実際に行なった方法をご紹介します。

事例① 夫を起こしたら…

 

「明日の朝、6時半に起こして」

 

このような夫の依頼を受け、

当時の私は、

時間どおりに夫を起こしました。

 

肩をトントンと叩き、

「6時半だよ」

と伝えました。

 

夫は、

「うーーーん…」

とダルそうに反応しましたが、

そのうちまた寝てしまいました。

 

それから10分ごとに、

私は同じような方法を繰り返して

夫を起こそうしましたが、

30分以上経っても、

夫は起きません。

 

結局、予定ギリギリに、

超絶不機嫌で起床。

「何度も起こしたのに…」

という私に向かって、

夫はこう言いました。

 

「お前の起こし方が悪いんだよ」

失敗例

出ました。

予定通りに起きられなかった

自分の責任を、

「嫁の起こし方が悪い」

と転嫁してきました。

 

これに対し、当時の私は、

失策ばかりしていました。

 

失敗① 「自分が悪いんでしょ!」

正論ですが、大失敗でした。

「自分が悪い」

は認められない自己愛に対して、

「あんたが悪い」と言うわけですから…。

 

案の定、

「はあ?俺はお前らを養うために毎日(以下略)」

という、

お決まりのモラハラが

始まってしまいました。

 

失敗② 「もう30分早く起きたら?」「もっと早く寝たら?」

合理的な改善策をあげてみましたが、

これも失敗。

無視したり、

不機嫌になったりしていました。

 

というのも、これらの提案は、

「もっと早く時間を設定しなかったあんたが悪い」

「もっと早く寝なかったあんたが悪い」

という意味に取られるからです。

 

結局、

「『自分が悪い』を受け入れられない」

思考回路に阻まれてしまいます。

 

失敗③ 「ごめん…」

何を言っても不機嫌な夫。

嫌気がさした私は、

ついに謝ってしまいました。

 

これは一番やってはいけません。

 

・ますます被害者体質になる

・夫がますます調子に乗る

 

そして、

・結局モラハラされる

のです。

いいことなんて一つもない…。

 

謝った私を見て調子に乗った夫は、

「ほんとだよお前がもっと俺を

うまく起こしてくれれば(以下略)」

と、

楽しそうに私へのダメ出しを始めました。

sponsored link

成功例

試行錯誤の末、

ようやく生み出しました。

 

「お前の起こし方が悪い」

と言われたら、

 

「じゃあ、

 

どういうふうに

起こされるのが好きなの?」

 

と聞くのです。

 

ポイント

・「誰がいけないのか」という点から離れる

どうあがいても「嫁が悪い」になるため

・「いい/悪い」ではなく、「好き/嫌い」で論じる

「いい/悪い」は優劣を示すため、

「常に優れた存在でいたい」自己愛は過敏に反応してしまうため

・「何が好きか」を聞くことで、相手にスポットを当てる

注目されたい自己愛は

自分について質問されると

とても楽しそうにします。

そして同時に、

私から目をそらさせることで、

モラハラ(私をターゲットにするもの)

を封じます。

・「何が好きか」を聞くことで、「『あなたに興味がある』という愛」を示す

相手に興味をもつということは、

愛のかたち、愛情表現のかたちの一つです。

これが分かるようになるには、

ステージ1程度まで進まないといけませんが、

早い段階でやっておいても

損はありません。

夫の反応

私の問いかけに対し、

夫は少し混乱していましたが、

すぐに、

「どう起こされたいか」を、

とても楽しそうに語ってきました。

 

私はこれに対し、

損得関係なく、ただ単純に興味がある

という体で、真剣に耳を傾けます。

実践の仕方

夫の理想の起こされ方が分かったら、

 

まぁ、

 

ときどき実践してあげましょう。

(毎回やってたら、

ただの都合のいい女です。)

 

そして当然、

これだけではモラハラは収まりません。

 

同時進行で

色々な働きかけを行なうことで、

そもそも「お前の起こし方が悪い」と

言い出すのを防ぎます。

そうなれば、もう理想の起こし方なんて

しなくていいわけです。

現在の夫

相変わらず起きるのは苦手ですが、

以前よりも自力で起きれるようには

なってきています(育児か)

 

何より、起きれなかったときに、

私の起こし方に文句もいいません。

(今はもう指でつついたりするだけ)

 

そして、起きてきた第一声は、

 

「起きれなかったわ~…」

 

何気ない一言ですが、

認めているのです。

「起きられなかった」という自分の欠点を。

 

私は、

「どんまい!」

「まだ間に合うから大丈夫!」

とポジティブに返すようにしています。

 

「お前の起こし方が悪い」

から

「起きれなかったわ~…」

になるまで、

だいたい8カ月くらいでした。

>>夫のモラハラをやめさせるためにしたこと

▼同時進行で行なうこと(対処法まとめ)

 

sponsored link



sponsored link

プロフィール

仁菜子

自己愛性人格障害の夫と結婚して早10年。
ネガティブでビビリ、生真面目で自己肯定感が低い、典型的な被害者体質。

詳しくはメニュー→「私について」をご覧ください。
ご連絡はこちらから
✉info@zikoai.com